FC2ブログ

妖折・・

いらっしゃいませ、御中根ブッキ~ナ♡のブログです。

「男ども、あの時ってなんぼか好いんだべなぃ・・」
「ビヤァ~って来たのは、判んだけんじょ、 そんなに感激はない
「あだし・・オカシんだべか? OO長、ホントは なじょしたもんだ・・・」

んなこたぁ~汁かぁ~知るかぁ~!

・・・何で、俺に振る・・何で俺に聞く? 
 しかもそんなエロ事情・・・個人差が有ってそれぞれなんだろうがぁ~

「んだってぇ~、OO長ってフェミニンだしぃ・・男好きで有名なヤーとも、
平気で、なんだかんだ渡りあってるす~ィい!・・」


   「MR だろがぁ~マーケットリサーチだべなぁ!
 わっ・・わだしィ~・・そっぢで、ねんだよぉ~・・

  ・・・・あぁ~ なんてェ~世界で生計立ててたんだべェ・・・?
     うん・・まあ・・・何と言うか・・パチプロ?
   風俗営業法の範囲に入ってる経営管理だったけど・・・

      う~ん・・・ 難し過ぎる・・・

 ・・・・・ 今、女装ブログやってるし・・・どうなんだぁ~・・・
IMG_6343_convert_20181213182658.jpg


    妖折しそう・・・しい・・・
 だけど、読みは同じだが、字が違う溶接も知っている。

 金属と金属を繋ぎ合わせる溶接・・・
大概は、同じ金属を溶け合わせて、構造を作り上げる。

下準備とか、どこまで溶けあわせるか、中々難しいのです。

日本人の作った物と、世界が良く比較されることが有る。
日本人・・真面目だからしっかり溶け合わせて結合してるんだけれど、
他のは、見た目が同じように見えちゃうんで、溶け合わせしてないんだね。

それだけ、安く出来るもんだから、そっちに流れちゃうのが多い。

・・おい!・・女装ブログじゃ無いのかい?
 なんで、溶接なんだよう・・・ どうでも良くねぇかい?

   ・・・・ふっふっふっ・・問題は心なんだねぇ~・・・

    が、どこまで溶け合うかが、 非常に微妙なところなんだよね。


     今の世の中・・どうなんだ・・・
一撃喰らって、溶接が剥がれちぁうなんて有り過ぎはしないか・・・

見た目は、同じ様にビードが置いてある・・塗装もするし・・工期だって早くて済む。
 でも、溶け込んでないから衝撃に耐えられない・・・

そこまで強度が求められていないと言われれば、何とも言えない。

鋳物溶接から、炭素鋼含有率違いとか、包丁の様な刃付けとか・・・
溶け合わせる事の難しさは、歴史と知恵が物語っている。

鉄と鉄が良く溶け合う様に、男同士と言うのも溶け合うのを聞いた事が有る。

    ニューハーフ、レディーボーイ、女装援助交際・・・・

  下手な、仮面夫婦より心が溶け合っているように感じる時が有る・・・

傷口を縫い、舐め合い、皮膚がくっつく様に心は溶け合うのだろうか・・

・・・・最近・・縫わないで接着剤とかステープラーってのも有る・・・

それでも、好いっちゃあ~好いんだろうけれど・・・どうなんだろう・・

体だけが目的だったのね!って罵られる奴がオカマとか言い捨てている。
逆に言えば、心の貧しい奴なんだろうなぁ~・・・寂しがりやサン?・・・

心が大人に成った時、溶け合う心も判るのかなぁ~




           にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


                





 




スポンサーサイト



コメント

とろけるような甘い恋とかしたことないな〜

究極のS○Xは、マダラコウラナメクジの行為だそうです。
奴らは雌雄同体なんで、交尾の際は入れつ刺されつ
男女二人分=人間の2倍は快感得てるってことなんだわ。
両者が溶けて混じり合うような粘液のドロンドロンな世界。。

そういえば、バレンタインデーとかに
贈るチョコレートも甘く溶けやすい。
原料のカカオバターは体温で溶けやすいから、
座薬に使われてる。直腸とか月室 とかに挿入されて
じわじわ溶けてく。。。

そんなエロい妄想を抱くおいらは、
ほろ苦い恋しかしたことないです。

Re: とろけるような甘い恋とかしたことないな〜

ケジボン様へ

 何か、・・風のうわさで頭髪の事言われて包丁で刺し殺された事件が、
 有ったようです。

 御免ネ・・散々言いたい事言っちゃって・・・反省しています。
 刺されちゃうんじゃないだろうかと心配しています。

 絶対、私の場合は【ブス!】ってでっかい音が出ると思いますので、
 刺さない様にお願いします。

 ほろ苦い恋が実は一番いいのかもしれません。
 とろける様な恋って何処かに絶対無理が有るように思えちゃうのは、
 長生きし過ぎているのでしょうかねぇ・・・

 コメントありがとうございます。


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)